ウツボ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

ウツボ

レア度★☆☆☆☆

分類 ウナギ目-ウツボ科-ウツボ属


図鑑等では「日本近海でごく普通に見られる種」とされているが、関東エリアなど本州中部から南にかけての方が数が多いようである。

体の色は黄色からクリーム色のような色をしており、小さな茶色の斑点が無数にある。少し距離を置いて見てみると、全体的に縞模様のようになっている。


「海のギャング」などと呼ばれ怖がられていることが多いが、実際に水中で見るウツボは大人しい性格の個体がほとんどで、こちらが何もしていないのにウツボから攻撃をしかけてくるようなことはまずない。

岩や水底に手をついた時にたまたまそのすぐそばにウツボがいて(こちらが気付かずに)、ウツボが「攻撃された」と思った場合には噛み付いてくることが稀にあるが、、威嚇・自己防衛のための攻撃であり、本気で食べようと思っているわけではない。


ダイバーが他の生物を観察している時に、フラフラ~っと近づいてきて「何してるの??」というような顔で見てくることがあったり、写真を撮るためにかなり近くまで近づいてみてもボーっとしていて全然逃げなかったり、、間近で見ると、おそらく世間一般的に抱かれているイメージよりもずっと親近感が沸くだろう。


地域によっては食用になる。顔だけを見るととても食べる気はしないが・・・、同じ「ウナギ目」にはウナギやアナゴがいるので、まあ一応納得というコトで。。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。