クロアナゴ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

クロアナゴ

レア度★☆☆☆☆

分類 ウナギ目-アナゴ科-クロアナゴ属


アナゴ科の中では最も大きくなる種で、大きいものでは2m近くまで成長する。

名前の通り、体は黒っぽい色をしているが、、岩によくぶつかる傾向があるのか(?!)、けっこう傷だらけの個体が多い。。


岩礁域や転石帯、その周辺の砂地に住み、潮通しの良い場所を好む傾向がある。そのためか、千葉県内では内房よりも外房のポイントで、伊豆エリアでは東伊豆や西伊豆よりも南伊豆のポイントで、多く見られるようだ。


食用にもなるが、あまり美味ではないらしい。。大型の魚を狙う釣り人には人気のようで、クロアナゴだけを専門に狙う遊漁船もあるとのこと。



※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。