ツバクロエイ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

ツバクロエイ

レア度★★★★☆

分類 トビエイ目-ツバクロエイ科-ツバクロエイ属


体幅が体長よりもはるかに長く、尻尾は短い。かなり独特な形をしている。

背側に小さな黒い斑点がある個体が多い。大きいものでは体幅が1.8mにも達する。


砂地に生息していて、砂をかぶって隠れているため、気づかずに上を通過してしまうことも。

勝浦では数はあまり多くなく、かなり稀。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。