ヒロウミウシ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

ヒロウミウシ

レア度★☆☆☆☆

分類 裸鰓目(ドーリス亜目)-ネコジタウミウシ科-イバラウミウシ属


勝浦では通年よく見かける普通種。

パッと見、ウミウシっぽくない体をしており、初めて見る人にはウミウシだと思われないことがしばしばある。

ピンク色の体に多数の突起があり、突起の先端は白い。よく見るとその突起の中に、先端が白くなく他の突起とは違う形をしている2本の触角があるため、どちらが前かが判断できる。

食べているコケムシがピンク色のため、体がピンク色になるそうだ。



※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。