ミアミラウミウシ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

ミアミラウミウシ

レア度★★★☆☆

分類 裸鰓目(ドーリス亜目)-イロウミウシ科-ニシキウミウシ属


1年中見かけるが、それほど数は多くない。

体の色は赤やオレンジ、紫、緑とバリエーションが豊富。

勝浦では、小さい個体は紫色をしていることが多いのだが、たまたま紫色の個体をよく見かけているのか、成長すると体の色が変わっていくのかは不明。


大きいものでは体長7~8センチ程度まで成長する比較的大きい種。とても華やかな配色で、「ゴージャス」という言葉がぴったり。

だが、他の種と比べてやはり大きいせいか、体がゴツゴツした印象があるせいか、小さいものの写真を撮ることが好きなダイバーからはあまり人気がないような気がする。



※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。