ニシキウミウシ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

ニシキウミウシ

レア度★☆☆☆☆

分類 裸鰓目(ドーリス亜目)-イロウミウシ科-ニシキウミウシ属


勝浦など房総エリア・伊豆エリアではごく普通に見かけるポピュラーな種。

以前「フタイロニシキウミウシ」「フルーツポンチウミウシ」と呼ばれていた2種が統合されてニシキウミウシとなった。もともと2種類とされていただけあって、体の色はいろいろなバリエーションを見かける。


体長は大きいもので7~8センチ程度と、他の人気のウミウシたちと比べるとかなり大きくなる。

ウミウシ好きなダイバーでさえもちょっと引いてしまうくらいで、配色的にはキレイだと思うものの・・・、ちょっと残念な種。


小さい個体↓



※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。