タツノオトシゴ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

タツノオトシゴ

レア度★★☆☆☆

分類 トゲウオ目-ヨウジウオ科-タツノオトシゴ属


勝浦では通年見られる。数はそれほど多くはないが、すごくレアというほどではない。運が良ければシュノーケルでも見られるチャンスがある。

しかし、生活している環境のせいか、伊豆エリアではやや稀種。

水深の浅い、藻場やアマモ場などに住み、海藻などに尻尾を巻きつけてジーっとしていることが多い。


ハナタツとよく似ているが、頭にある頂冠と呼ばれる突起が高く、ハナタツよりも口が長いことで見分けられる。体の色は茶色か黄土色で、体長は大きいものでは10センチ程度になる。


オスのお腹には育児嚢という袋状の器官があり、メスはその育児嚢の中へ卵を産み付ける。卵が孵化すると、オスのお腹から幼魚が出てくる、という独特な産卵方法を取る。


小さい個体↓


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。