ハナタツ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

ハナタツ

レア度★★☆☆☆

分類 トゲウオ目-ヨウジウオ科-タツノオトシゴ属


タツノオトシゴに似ているが、頂冠が大きくなくほぼ上へ向かって曲がっていないこと、左右の縁が棘状であることなどで判断できる。タツノオトシゴはスラっとした体長の長い個体が多いが、それと比べるとハナタツの体長は短く、お腹あたりがぷっくりとしている、かつ尻尾も短い個体が多い。

体の色はバリエーションが多く、赤やオレンジ、黄色、茶色や黒っぽい色など、様々である。

岩場で生活していることが多く、ヤギやカイメンなどに寄り添っていたり、岩に付いている海藻に巻きついていたりする。

10m以深の場所にいることが多く、タツノオトシゴとは住む環境が異なる。勝浦ではビーチポイントで見かけることはほぼなく、ボートポイントの水深15~20m程度の深度に多い。



※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。