アオヤガラ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

アオヤガラ

レア度★★☆☆☆

分類 トゲウオ目-ヤガラ科-ヤガラ属


図鑑等を見ると分布域が「本州中部以南」となっている通り、やや南方の種。

勝浦では季節来遊種と言って良い。夏になると徐々に増え始め、冬になるとまったく見かけなくなる。

口がとても長く筒状になっていて、小魚や甲殻類などを吸い込んで食べる。全体的に青み掛かっている体色だが、興奮すると暗褐色の横帯が出ることが特徴。



※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。