メバル <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

メバル

レア度★☆☆☆☆

分類 カサゴ目-フサカサゴ科-メバル属


通年見られる普通種。

体長は20~30センチ程度で、体色は黒褐色、数本のぼんやりとした黒い縞がある。口と眼が大きく、特に眼は体から外に大きく張り出しているため、「メバル」という和名になったとされる。


海岸近くの海藻が多い海域に多く、群れを形成して生活している。立ち泳ぎのような格好(人間から見て)でホバリングをしている姿も見かける。


卵胎生であり、交尾を終えたメスは体内で卵を孵化させ、数千匹の稚魚を産む。

食用にもなる、水産上重要な種である。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。