イソカサゴ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

イソカサゴ

レア度★☆☆☆☆

分類 カサゴ目-フサカサゴ科-イソカサゴ属


勝浦ではカサゴの仲間の中で1番よく見かける種で、水深を問わずどこでもたくさん見られる。伊豆エリアでもよく見かけるが、伊豆よりも勝浦の方が数は多いと思う。

体長は大きくても10センチ程度と小柄。

淡い赤い体に、不規則に暗色の斑点があり、鰓蓋に褐色の斑点が1つあることが特徴。


ダイバーに人気のカエルアンコウと同じような環境で生活をしているが、縄張り争いはカエルアンコウよりも強いようで、イソカサゴがいる付近ではカエルアンコウをほぼ見かけない。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。