サツマカサゴ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

サツマカサゴ

レア度★★☆☆☆

分類 カサゴ目-フサカサゴ科-オニカサゴ属


通年見かける種だが、他のカサゴの仲間と比べると数は少なめ。

体色は白や茶色、紫っぽい色など様々なバリエーションがある。


胸ビレの裏側が鮮やかなオレンジや黄色っぽい色をしており、敵が近づいてくるとパっと裏側を見せて威嚇に使う(フラッシングと呼ばれる行動)のだが・・・、ダイバーは敵だと思われないのか、、近づいてもあまりそれをやられない。。ヒレの裏側を見れたらラッキーで、なかなかキレイな色をしている。

九州地方、鹿児島あたりに多く生息しているそうで、それが和名の由来となっている。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。