キリンミノ <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

キリンミノ

レア度★★☆☆☆

分類 カサゴ目-フサカサゴ科-ヒメヤマノカミ属


夏の終わりから秋にかけての水温が高い時期に多く見られる季節来遊種で、勝浦ではミノカサゴよりも多く見かける。

伊豆エリアでも多く見られているが、ほとんどは体長7~8センチ程度の幼魚であり、成魚にはなかなかお目にかかれない。勝浦では成魚は出たことはない。(ウチが知る限りでは。)

体には縞模様があり、尾ビレ直前で「T」を横にした模様が1つだけあることが特徴だが、成長するに従って薄くなるようだ。



※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。