スナビクニン <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

スナビクニン

レア度 ★★★☆☆

分類 カサゴ目-クサウオ科-クサウオ属


毎年春ころ見られる種で、ワカメのめかぶの中に隠れている。それ以外の季節はどこで生活をしているのか・・・、まだナゾの多い生物。

図鑑等によると体長は大きいものでは10センチ程度になるそうだが、勝浦で見られるのはせいぜい1センチ程度の個体ばかり。いつも見ているのはまだ産まれたばかりの幼魚というコトなのだろうが 、大きい個体は見たことがない。

カラーバリエーションは豊富で、黄色やオレンジ、黒っぽい個体もいる。模様も、しま模様や水玉模様などさまざま。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人 の主観によります。