千葉のダイビングショップかめはうすHPへようこそ

ごゆっくりご覧ください(^^)


千葉・勝浦の海はスキューバダイビングポイントとしてとても魅力的でオススメ!

千葉県沖の海は、南からの海流「黒潮」と北からの海流「親潮」が交わる場所であり、栄養分が豊富なため多種多様な生物が住んでいます。イサキやアジなどの群れものや、ブリやカンパチなどの回遊魚が見られるスポットがあったり、岩場でゆっくりウミウシや甲殻類などのマクロ生物たちを探したりと、房総半島・南房総の中でも館山と並ぶほどの人気おすすめポイントです!

意外かもしれませんが、千葉の海でもクマノミやチョウチョウウオなどのカラフルな熱帯魚が見られます☆体験ダイビングやシュノーケリングでも色とりどりの魚たちに出会うことができますヨ(^^)
また、沖のボートポイントへ行けば、起伏の富んだダイナミックな地形が多く、海中の景観も楽しめます。※沖のポイントへ行けるのはスクールを修了しているライセンス保持者のみになります。

そんな千葉・勝浦のダイビングスポットを、千葉県生まれ千葉県育ちのスタッフがご案内致します。

「水中はのんびりダイビング、陸上でもゆっくりと過ごしていただきたい」をモットーに、カメのようにまったりマイペースモードでご案内致します。ぜひ1度、千葉・勝浦のダイビングをお試しください(^^)


Instagram


かめはうすは千葉県勝浦市のダイビングスポットを中心に活動しているスキューバダイビングショップです。

ホームグラウンドは勝浦市にある2つのポイント「行川(なめがわ)」と「鵜原(うばら)」。お客様のご希望に合わせて最適なポイントへご案内致します。

体験ダイビングやCカード取得コース(ライセンス取得のためのスクール)、初心者さんや久しぶりに潜るかた向けのコース(リフレッシュコース、スクーバリビュー・プログラム)、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースやレスキューコースなどの各種ステップアップコース、国内&海外へのダイビングツアーや、シュノーケリングコースも開催しています。

千葉県で生まれ育ったスタッフが千葉県勝浦市の海の魅力をお伝えしています!

※常勤スタッフが1名、非常勤スタッフが3名います。

かめはうす店舗は、JR外房線勝浦駅から徒歩5分のところにあります。また、2019年夏にオープンした「勝浦ウォーターアイランド」のある勝浦中央海水浴場へは徒歩3分、日本三大朝市の1つである「勝浦朝市」が行われる勝浦商店街へも徒歩5分という立地にあります。

ファンダイビングにご参加いただいたお客様は、ダイビング後にこちらの店舗でごゆっくりログ付けなどしていただけます。ランチを店舗で食べることも☆ ※ランチに関してはご予約時にご確認くださいませ。

勝浦へのアクセスについて

お車でお越しのかたは、圏央道の市原鶴舞インターチェンジが最寄で、国道297号線を利用すると勝浦まで約40分です。勝浦から東京都内へは約1時間半で行けるため、日帰りでいらっしゃるかたも多いです。

電車でお越しのかたは、東京駅発の特急「わかしお」号の利用が便利です。東京駅から勝浦駅までは約1時間半、勝浦駅で各駅停車へ乗り換えてから5~10分程度でお迎えの駅に到着です。


けーすけ (金澤 圭祐)

かめはうす代表。

千葉県生まれ千葉県育ちです。沖縄生まれではありませんのでご注意を(´▽`)

勝浦へ来て10年になります。1人で始めた「かめはうす」ですが、結婚をして2人体制になり(妻は元インストラクター)、子供ができて3人体制(?!)になりました。徐々に勝浦っ子になりつつありますが、まだわからない勝浦の言葉があったりして・・・、勝浦弁は奥が深いデス。。

お客様のペースに合わせて、ゆっくりまったり潜るのが好きです。自称「千葉県内で1番ユルいダイビングインストラクター」、今のところ「勝浦1ユルい」はほぼ間違いないと言って良いと思ってますが、せっかくなので「日本1」を目指そうと思います♪


千葉県勝浦市のダイビングポイントで見られる生物

沖のボートポイントへ行くと、イサキやタカベ、スズメダイなどの群れものをはじめ、ブリやカンパチなどの回遊魚、サメやエイの仲間、コブダイやクエなどの大物が見られる可能性が高いです。また、ウミウシや甲殻類、岩場に隠れる小さい魚たちもたくさん◎ダイナミックな地形や広大な白い砂地なども見れ、ワイドにマクロにじっくり楽しめる海です。

ビーチポイントにはイソギンチャクが広がっている場所があり、夏から秋にかけてはクマノミをはじめ季節来遊種が多数現れます。岩場には海藻がたくさんあり、海藻を食べるウミウシや小型生物、そしてそれらを食べる中型の生物が多く見られ、海中での食物連鎖の様子を感じることができます。