サラサエビ科の仲間 <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

サラサエビ

レア度★☆☆☆☆

分類 十脚目(コエビ下目)-サラサエビ科-サラサエビ属


エリアを問わず、どの海域にもたくさんいる普通種。勝浦では、よく似ているヤイトサラサエビと一緒に群れていることが多い。

サラサエビとヤイトサラサエビの違いはパッと見ただけではなかなか見分けるのが難しいが、背中に斑点があるかどうか、で見分けることができる。

鮮やかな赤い色が特徴で、岩の隙間や棚などに多く見かける。

「サラサ」は「更紗」のことだそうだが・・・、「更紗」というのがいまいちパッとしないのが正直なところ(・_・w)

ダイビング中に見られる生物で、サラサウミウシやサラサゴンベなど、「サラサ」と付くものがいくつかいるが、並べて見比べてみても共通するハッキリした特徴がない。

民芸品・織物の業界でも更紗という言葉があるそうだが、、更紗っていったいなんだろう・・・。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。