ドーリス科の仲間 <千葉のダイビングポイントで見られる水中生物>

インターネットウミウシ

レア度★★★★★

分類 裸鰓目(ドーリス亜目)-ドーリス科-ヒオドシウミウシ属


勝浦ではかなりのレア種。

白い体に、いくつか隆起部分があり、隆起部の先端から黒いラインが放射状に出ている。その模様がコンピューターネットワークの構成図のように見えることが名前の由来。

南の海に多く、水が温かい時期にしか見れない季節来遊種で、生活エリアは水深30~40mと、ダイビング的には少し深めになる。

勝浦のポイントでは冬季限定の「ウマノセ」でしか見たことがない。


ゴマフビロードウミウシ

レア度★★☆☆☆

分類 裸鰓目(ドーリス亜目)-ドーリス科-ヨルンナ属


勝浦など房総エリア、伊豆エリアではごく普通に見られる種。

体の色は白、黄色、茶色バージョンがいるが、どれも黒くて小さい斑点が多数あるのが特徴。

体の斑点模様と黒い触角の雰囲気から(特に白バージョンの種で)ゴマフアザラシのように見えるため、一部のダイバーからは「ゴマちゃん」と呼ばれ人気がある。


※レア度は千葉県勝浦市のダイビングポイントでのもので、管理人の主観によります。