千葉の勝浦はシュノーケリングの聖地!その魅力をお伝えします

千葉の勝浦はシュノーケリングの聖地!その魅力をお伝えします

■そもそもシュノーケリングとは?

シュノーケリングという言葉を聞いたことはあるでしょうか。シュノーケリングとは、顔を水につけたまま呼吸ができるシュノーケルを身に付けた状態で水面を泳ぎ、海中の様子を見て楽しむマリンスポーツです。

特殊な訓練が求められるダイビングと比べ、シュノーケリングは誰でも気軽にはじめられます。

特殊な道具もほぼ使わず、シュノーケルのほかには水中を進んでいくためのフィンと、視界を良くするためのマスク、保温やケガ防止のためのウェットスーツと、その程度の道具で済みます。

水面からシュノーケルを出しながら泳ぐため息継ぎの必要がなく、小さなお子様でも安心して楽しめるマリンスポーツとして近年人気が高まりつつあります。


マリンスポーツと聞いて、ハワイやグアム、または国内でも沖縄まで行かなくてはならないと思ってしまう方も多いでしょう。

しかし関東圏内にもシュノーケリングを楽しめる場所があります。それが千葉県の南東部に位置する勝浦です。

今回は勝浦で行うシュノーケリングにどういった魅力が詰まっているかを紹介していきましょう。


■勝浦はなぜシュノーケリングで有名なのか

勝浦は千葉県の南東部、房総半島の太平洋側に位置する地域です。銚子と並んで千葉県でも有数の漁港として古くから栄えてきました。カツオの漁獲量は関東でも随一で、毎年カツオを扱ったお祭りが催されているほどです。

勝浦が漁港として繁栄した理由は海流にあります。

北海道のほうから南下してくる親潮と、南シナ海から北上してくる黒潮が、ちょうど千葉県沖でぶつかります。海流がぶつかる場所は栄養分が豊富になるため、1年を通してプランクトンが多く、それを求めて多くの魚が集まるのです。

この集まってきた魚たちを見るのが勝浦でのシュノーケリングの醍醐味です。


黒潮に乗せられて遙か南からも魚がやってくるため、熱帯魚を見かけることも珍しくありません。たとえばクマノミやチョウチョウウオの仲間たちが挙げられるでしょう。夏から秋にかけて熱帯魚が増え、勝浦の海が大いに賑わいます。

ほとんどのかたは勝浦で熱帯魚が見られることに驚きますが、毎年必ず現れるカラフルな魚たちは必見です。


また、勝浦の海は関東屈指の透明度を誇り、同地域の守谷海水浴場はその水質の良さから「日本水浴場88選」にも選ばれているほどです。そのため、多少離れていたとしても色鮮やかな熱帯魚をしっかりと見つけられるでしょう。

また勝浦は魚だけでなく、ウミウシや甲殻類が多いことも特徴のひとつです。

ポイントによっては10数種類のウミウシを1度に見られることもあり、その可愛らしさから主に女性や子供たちからも人気が高いです。

甲殻類の代表格はイセエビです。シュノーケリングでもイセエビが岩陰に隠れている様子を観察することができます。

勝浦は熱帯魚だけでなく、回遊魚を楽しめるポイントとしても注目を集めています。


運が良ければ銀色に輝くワラサやカンパチが大群で泳いでいく姿を見られます。自分のすぐ近くで巨大な魚たちがグルグルと回っている光景は圧巻です。回遊魚たちの群れは数百匹規模になることも珍しくなく、何度見ても感動してしまうと喜ばれています。

熱帯魚が夏から秋に限定されるのに対し、回遊魚の群れは一年を通して見るチャンスがあることもポイントです。

高級魚として知られているカンパチやブリの異名であるワラサなどは春から初夏、またはた秋の終わりから冬にかけて見られるチャンスがあります。

また、1mを超える体長で見る者を圧倒させるヒラマサは秋から冬にかけて目撃でき、さらに千葉近くまで黒潮が寄っているときには見られる確率がさらに高まります。

一年を通してさまざまな魚を楽しめるのが勝浦の魅力でしょう。


勝浦の海底は長年海流に削られ、現在では独特な形をしています。それによる風景の変化もシュノーケリングの際に楽しめるポイントです。

たとえば険しく切り立った崖、あるいは大きく広がった岩礁、はたまた人が通れるほどのトンネルなど、独特な地形が一帯に広がっています。

また砂地は白く、その美しさが良いアクセントになっています。



■シュノーケリングは誰でも簡単にはじめられます

数あるマリンスポーツの中でも、特にシュノーケリングは手軽に始められるものとして知られています。そのため、思い立ったらすぐに勝浦へ行くと良いでしょう。

鉄道で勝浦まで足を運ぶなら外房線や特急わかしお号が便利です。都心から車で行く場合は東京湾アクアラインを渡ると良いでしょう。

アクアラインのある木更津から勝浦までは約70分程度で、勝浦には128号線や297号線など道幅が広い国道が通っているため、比較的容易に行くことができます。


シュノーケリングの際にはウェットスーツを着ます。ウェットスーツは体が浮くように作られているため、泳ぎが苦手な方にも安心して楽しめるでしょう。

またウェットスーツは防寒に優れ、最初の冷たささえ超えれば、あとは海の中を快適に過ごすことが可能です。

シュノーケリングの際には浮き輪も用意されているので、慣れない方はそれを掴みながら楽しむと良いでしょう。


まずは足が届く浅瀬から海へ入っていきます。浅瀬だけでもさまざまな生き物を観察できるため、泳ぎに自信がない方でも十分に楽しむことが可能です。

浅瀬に慣れてきたら徐々に水深が深い箇所へと進んでいきます。

水深が変わればそこにいる生物も変化するため、いろいろな魚やウミウシなどを見たい方はさまざまなポイントを行くと良いでしょう。


スケジュールにもよりますが、シュノーケリングはおよそ2時間半から3時間で終了します。その後は海風に当たりつつ、陸上でゆっくりと体を休ませてください。

全身で海を感じた後の休憩はきっと心地良いでしょう。


■ぜひ勝浦まで来て楽しんでください

シュノーケリングを思う存分楽しんだあとは勝浦の町中にて食事を楽しむのも良いでしょう。海鮮丼やお寿司など、地元漁港で獲れた新鮮な海産物を使った絶品料理を楽しめます。

また近年ではご当地B級グルメとして勝浦タンタンメンが注目を集めています。

冬場の仕事帰りに体を温めるため、海士や漁師が食べ始めたのが発祥と伝えられている勝浦タンタンメンはラー油を大量に使用しており、辛いもの好きから好評です。

千葉県の勝浦は都心からのアクセスが比較的良く、またシュノーケリングではさまざまな魚や海底の景色を楽しめる絶好のスポットです。

千葉に広がる魅力的な海の姿に心を動かされた方は、ぜひ一度勝浦までお越しください。


シュノーケリングのご予約・お問合わせはこちらから↓

シュノーケリングに関するよくあるご質問はこちらから↓

☆この記事を書いたのは☆

ダイビングインストラクター歴14年、千葉・勝浦でのガイド歴10年、かめはうす代表けーすけです🐢「ゆっくりのんびり系ダイビング」が好きで、じっくりマクロ探しが最も得意なスタイルです◎が、地形を楽しんだり群れものなどのワイド探しももちろんやります(^^)勝浦の海はマクロもワイドも両方楽しめる!1度は試してもらいたいオススメなスポットです☆